自筆証書遺言の方式が緩和されます。

平成30年7月、「民法及び家事事件手続法の一部を改正する法律」が成立しました。
(施行日はまだ決まっていません。)

改正内容は多岐にわたりますが、ここでは自筆証書遺言の方式の緩和について書きたいと思います。

「自筆証書遺言」とは「遺言者が、その全文、日付及び氏名を自書し、これに印を押」した遺言のことを言います(民法第968条)。
つまり、遺言をする人が、全て手書きで、遺言内容、日付を書いて、署名して、印鑑を押印した遺言書のことで、普通の方が「遺言書」と聞いて思い浮かべるのは、この「自筆証書遺言」でしょう。

この自筆証書遺言として認められるための要件について、裁判所はこれまでかなり厳しく考えていました。
例えば、民法は遺言書の「全文」を自書(手書きすること)しなければならないと定めているので、本文を手書きして、本文に添付した財産目録をタイプ印刷した遺言を無効、と裁判所は判断しました(東京高判昭59・3・22)。

今回の民法改正で、相続財産の目録については、自書しなくても、パソコン等で作った目録、通帳コピーや不動産登記簿等、自書していない書類を目録として添付することができるようになります(その場合でも、各ページに署名押印する必要はあります)。

遺言書を作るのは年配の方が多いでしょうし、人によっては財産目録が多数になる場合もあります。
改正前の民法の解釈によれば、財産目録全文を手書きしなければならず、特に年配の方には大きな負担でした。
また、財産目録は形式的な記載だから手書きでなくても良いと思って、パソコン等で目録を作っていた場合もあるでしょう。

この改正や、別のコラムで取り上げた自筆証書の遺言書を法務局で保管する制度の創設により、これまでより、自筆証書の遺言書を作りやすくなりますね。

最後に、この改正はまだ施行されていませんので、施行されるまではこれまで通り、全文を自書した遺言書を作成すべきでしょう。

無料法律相談ご予約

相談受付時間:平日・土曜10:00~19:00

044-982-9018

面談は完全予約制です。

メール24時間受付中

時間外の受付は原則翌日の午前中にご返信(土日を除く)。

時間外相談・当日相談・土日祝日相談。

無料電話相談も受け付けております。

営業時間内にお電話いただければ、弁護士が対応できる場合は、できるだけその場で対応させていただきます。

無料法律相談ご予約

相談受付時間:平日・土曜10:00~19:00

044-982-9018

面談は完全予約制です。

メール24時間受付中

時間外の受付は原則翌日の午前中にご返信(土日を除く)。

時間外相談・当日相談・土日祝日相談。

無料電話相談

営業時間内にお電話いただければ、弁護士が対応できる場合は、できるだけその場で対応させていただきます。

アクセス

溝の口駅徒歩3分
武蔵溝ノ口駅徒歩3分
〒213-0033 神奈川県
川崎市高津区下作延
2-11-12 Kビル201

FAQ

当事務所とサービスについてよくある質問
対応エリア
上記エリアの方からのご相談が多いですが、その他のエリアのお客様もお気軽にご相談ください。
交通アクセス
二子玉川駅から最寄駅まで3分程度
鷺沼駅から最寄駅まで電車で4分程度
たまプラーザ駅から最寄駅まで電車で6分程度
武蔵小杉駅から最寄駅まで電車で7分程度
あざみ野駅から最寄駅まで電車で8分程度
中央林間駅から最寄駅まで電車で21分程度
川崎駅から最寄駅まで電車で17分程度
新横浜駅から最寄駅まで電車で23分程度
ページトップへ